脅威の120段階粒度調整が可能なコーヒーグラインダー「JPpro」リリース

早くも話題沸騰!コーヒー通が大注目するマシン

株式会社ロジックの運営するコーヒー器具ブランド「Plusmotion+」は、コーヒーグラインダー「JPpro」をリリース。

現在クラウドファンディングサイト「Makuake」にて注文を受け付けており、商品は2021年1月末に出荷予定です。公開からすぐに目標を達成し、現在応援購入総額は600万円超えと早くもコーヒーファンのハートを掴んでいます。

世界を代表するバリスタも認めた納得のマシン

今回のマシンは前モデルでも監修したトップバリスタ「尾籠一誠」が試行錯誤の末、従来モデルを改良。軽いボディと本木目の挽きやすい逆三角形の持ち手で、初心者だけでなくプロも使い込みたくなる性能とデザインに進化したと言います。

ステンレス刃は安定した粒度と微粉発生の抑制、粉砕ではなく切削を可能としており、調整ダイヤルを外に設置する事で、粒度の調整が容易となりました。120度段階の粒度調整機能×0.022mmの超微調整能力は、自由自在にこだわりの味を実現出来る超優れもの!

さらには分解手順を最大10点のパーツへの分解と簡素化する事で、清潔さに配慮しただけでなく、使いやすさをもグンと向上しました。電力を使わないため、旅先やアウトドアにも最適なのが嬉しいですね。

実はこれを販売する大元の会社「1Zpresso」は世界的にも有名な精密機器生産工場出身の設計者が開発している台湾初のブランドなのですが、今回のコーヒーグラインダーは、設計者がコーヒー好きで理工の経歴を生かして使用者の視点から開発したというまさにスペシャルなマシン。しかも日本限定とあって更にコーヒーファンからの注目を浴びています。

詳細は「Plusmotion+」の公式サイトと「Makuake」からもチェック出来るので、気になる方は是非サイトを訪れてみて。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

Plusmotion+
https://plusmotion.jp/

Makuake「JPpro」特設サイト
https://www.makuake.com/project/jppro/