コーヒーの世界旅行「ワールド・エクスプロレーションズ」新発売

2021年1月19日(火)発売

ネスレネスプレッソ株式会社は、世界の都市をコーヒーの味わいで表現したシリーズ「ワールド・エクスプロレーションズ」全6種類を、2021年1月19日(火)より発売します。

日本を含む世界6都市を表現

「ワールド・エクスプロレーションズ」は、ルンゴ(約110ml)で楽しめるコーヒーで、アルゼンチン首都・ブエノスアイレス、中国・上海、クラシック音楽の都ウィーン(ヴィエナ)、スウェーデン最大都市・ストックホルム、南アフリカ・ケープタウンと、日本の首都・東京を表現したものが用意されています。

各商品の味わいとしては「ブエノスアイレス・ルンゴ」では、甘いポップコーンのような香りとマイルドな個性が楽しめ、「シャンハイ・ルンゴ」は、なめらかでフルーティーな味わいに仕上がっています。

「ヴィエナ・リニツィオ・ルンゴ」は、なめらかでバランスのとれた味わいで、「ストックホルム・フォルティシオ・ルンゴ」は、深い苦味と麦芽のような香りが楽しめるコーヒーで、ブラックで飲むのがオススメとのことです。

「ケープタウン・エンヴィヴォ・ルンゴ」は、木のような香りとパンチのきいた苦味が特徴で、ほんの少しだけミルクを入れて焙煎した香りを楽しむのがオススメで、「トウキョウ・ヴィヴァルト・ルンゴ」は、日本人が好む酸味を抑えたビタースイートな味わいに仕上がっています。

「ワールド・エクスプロレーションズ」の価格は1本(10カプセル入)864円(税込)で、全国の直営店舗や公式ウェブサイト、量販店内のネスプレッソ専用ブースなどで販売されます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

プレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/