幻の本格珈琲タブレット「たべる珈琲」が12年ぶりにリニューアル

50年以上も愛され続けている「たべる珈琲」が新しく

あの「パイン飴」でお馴染みのパイン株式会社の関連会社会社であるビンズ株式会社のロングセラー商品、珈琲タブレット「たべる珈琲」が、この度12年ぶりにリニューアル。2月8日(月)より発売します。

大胆なリニューアルで新規ファンも掴むか

実はこの「たべる珈琲」は、もともと1969年にパイン株式会社の製品として誕生しました。高度経済成長期だった当時はどんどん街の開発・人の移動も増え「長時間車に缶詰めになったときにも珈琲を楽しめるように」という想いで作られました。近年は「知る人ぞ知るお菓子」としてSNSなどで話題となりました。

今回のリニューアルでは、大胆にも味わいを一新。人気の高いキリマンジャロコーヒーを使用し、酸味・コク・香りのバランスにこだわったという自信作になっています。ラムネとは異なる固い食感で、小粒ながらも長時間本格コーヒーの味わいと香りが楽しめるので、ドライブのお共にまさにピッタリです。

発売エリアは全国の高速道路のサービスエリア、パーキングエリア(北海道、沖縄を除く)をはじめとし、スーパーやキュレーションストアなど。価格は税込540円という手軽さも嬉しいですね。

パッケージは麻袋とコーヒー豆の写真で一目を引くデザインに。そして「since1969年」のロゴが往年のファンにとっては懐かしく嬉しい気分にさせてくれそうです。是非、見かけた際は手にとって確かめてみて。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

ビンズ株式会社
http://www.beanscoffee.co.jp