セブンイレブンで買える、伊藤久右衛門監修の抹茶スイーツ

好評につき、新たな抹茶スイーツを

2020年11月17日、株式会社伊藤久右衛門は自社が監修したスイーツを全国のセブン‐イレブンで販売開始することを発表しました。

今年の3月にセブン‐イレブンで実施した伊藤久右衛門監修の宇治抹茶スイーツフェアが好評につき、今回新たに3種類のスイーツを販売することになりました。

伊藤久右衛門とは

江戸後期・天保3年に京都の宇治で初代伊藤常右衛門が茶業に携わったところからスタート。

江戸時代から代々受け継いだ伝統を大切に守りながらも、新しいお茶の価値を発信し続けているお茶屋さんです。

品質にこだわりながら丁寧にお茶を仕上げることはもちろん、茶房をオープンしたり抹茶スイーツを開発したりと、新しい宇治茶の在り方を探求し続けています。

3種類の抹茶スイーツ

発売されるのは「宇治抹茶クレープ」、「宇治抹茶ばばろあ」、「宇治抹茶小餅」の3種類。

今回の監修も伊藤久右衛門「宇治菓子工房」のプロデュースを手掛ける吉本グランシェフ。抹茶の風味を生かし調和のとれたスイーツに仕上がっていることは間違いないでしょう。

コーヒーと抹茶はどちらも苦みがあるため、お互いを引き立て高相性だとされています。

この機会にお家で抹茶スイーツとコーヒーのペアリングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社伊藤久右衛門 プレスリリース(PR TIMES)
https://www.atpress.ne.jp/news/235431