「World Brewers Cup」世界チャンピオン粕谷哲氏プロデュース。HARIO「 ダブルステンレスドリッパー 」「 プアコントロールケトル 」 新登場

あたらしいドリップスタイルで入れる、こだわりの一杯

コーヒー抽出の世界大会「World Brewers Cup」でアジア人初の世界チャンピオンに輝いた粕谷哲氏。「誰でも簡単に美味しく」をコンセプトに、プロデュースを行うHARIO「粕谷モデルシリーズ」に、新アイテムが登場しました。

「ダブルステンレスドリッパー・粕谷モデル」は、ネルドリップの奥深い味わいと職人が生み出すような丁寧な時間をより手軽に愉しめるドリッパーです。「ネルフィルターで入れたコーヒーは美味しいけれど、ネルの手入れや管理は面倒。ならば素材を変えてみては…」という発想から、ステンレス素材でネルフィルターと同じような味わいが出せるドリッパーが完成しました。独特な形状のスタンドにより、サーバーに置いても、手に持ってもドリップできる。側面のダブルメッシュはコーヒーオイルをしっかり抽出しながらも微粉の出にくい構造に。新開発の底面メッシュによりお湯抜けも良くなり、マイルドでクリアな味わいを愉しむことができます。

「プアコントロールケトル・粕谷モデル」は、ネルドリップで重要な繊細な注湯のためにデザイン。ハンドルの位置が印象的なこのケトルは、日本の「急須」からヒントを得たという。「注ぎ口とハンドルの位置関係を一から見直し、横取っ手スタイルで の使い心地にこだわった」(粕谷哲さん)。従来のケトルのように手首を曲げて注ぐのではなく、腕自体を回して注ぎをコントロールするスタイルなので、より細かいコントロールがしやすい。ハンドドリップビギナーはもちろん、毎日コーヒーをドリップするヘビーユーザーにもおすすめです。

■おすすめポイント

【ダブルステンレスドリッパー・粕谷モデル】

①コーヒーオイルも抽出


②ドリッパーとスタンドは着脱可能


③微粉が出にくく、お湯抜けも良い新構造のドリッパー


④洗いやすい形状です


【プアコントロールケトル・粕谷モデル】

①注ぎ口とハンドルの位置関係を改めて考えました


②横取っ手スタイルでの使い心地にこだわったハンドルデザイン


③直火&IH 対応


粕谷哲氏の連載コラムはこちら