「2種類飲みたい」を叶えるステンレスボトル販売開始

クラウドファンディングで大人気

2021年3月9日、株式会社PMworksは「マルチーボ」をヴィレッジヴァンガードおよび、NEW STYLEにて販売スタートすることを発表しました。

同商品は昨年末にクラウドファンディングサイトにて販売されており、かなり好評を得たステンレスボトルです。

「必要なものを必要なだけ」持ち歩けるステンレスボトル

マルチーボの誕生はある女性のアイデアがきっかけでした。

「仕事中にお茶もコーヒーも飲みたい」「ステンレスボトルを2本持って行くと飲み残すことが多い」「ボトルを2本持って行くのはかさばる」という思いを解決するためにマルチーボは生まれました。

飲み切りサイズのステンレスボトルを2つ繋げたマルチーボ。「必要なものを必要なだけ」というコンセプトで作られています。

中は真空構造になっているため、お互いの熱に干渉しないところがポイントです。つまり、ホットコーヒーとアイスコーヒーを持って出かけたり、コーヒーとお茶を持って出かけたりすることが可能なのです。

1つのボトルの容量は160mlで、インスタントコーヒー約1杯分の容量。

上下どちらのボトルも6時間、保温もしくは保冷することが可能です。また、下のボトルに蓋をつけることで、ミニボトルとして利用することもできます。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社PMworks プレスリリース(@Press)
https://www.atpress.ne.jp/news/249961