桜モチーフのスイーツにあなたはどんなコーヒーを合わせる?

コロンバンが「桜フェア」開催

2021年3月10日、株式会社コロンバンは今月12から4月15日までの期間、同社のショップやサロンにおいて「桜フェア」を開催すると発表しました。

このフェアでは毎年好評の「桜のモンブラン」だけでなく、「桜のムース」や「桜のタルト」が登場します。

3つの桜スイーツ

毎年このシーズンになるとお目見えする「桜のモンブラン」は桜餅のような見た目が可愛らしいケーキ。

たっぷりのアーモンドを使ったジョコンド生地に、グリオットチェリーのジュレを隠し味に加えた桜風味のフロマージュを重ねています。その上に、白あんをベースにした桜クリームを絞って、桜の葉で包んでいます。

水面に浮かぶ桜の花びらをイメージして作られた「桜のムース」。桜の葉を細かく刻んで混ぜ込んだ生地と、ホワイトチョコレートベースの桜のムースで、どこから食べても桜の風味を感じることができる一品。

酸味のあるグリオットチェリーのジュレがムースの甘さを引き立てています。

春をイメージした華やかなビジュアルが美しい「桜のタルト」は、ショコラ味のタルトとダブルクリームが最高に贅沢なスイーツです。

ホイップクリームとカスタードクリームをミックスしたディプロマットクリームと、シャンティークリームのどちらも桜風味になっており、ショコラ風味のタルト生地との相性は抜群。

いちごや赤すぐり、ラズベリー、桜の花びら形チョコレートの華やかさからも春らしさが感じられるでしょう。

桜の香りを活かすには、フローラルな香りをもつコーヒーを合わせるとよいと言われています。グアテマラやエチオピアなどのコーヒーを合わせてみてはいかがでしょうか。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社コロンバン プレスリリース(value press)
https://www.value-press.com/pressrelease/266217