キャンプだけでなく家でも活躍するアウトドアコーヒーミルの選び方やおすすめを紹介!

「挽きたてのコーヒーの味は格別。わかっているけれどアウトドアでは難しいかな。」「キャンプだけのためにコーヒーミルを買うのはちょっと・・・。」と思っている人におすすめしたいのが、キャンプだけでなく家でも大活躍するアウトドアコーヒーミルです。

今回は、家でも使えるアウトドアコーヒーミルの選び方やおすすめのミル、挽き方を紹介します。

アウトドアでも使えるコーヒーミルの選び方は?

コーヒー専門店で飲んだ挽きたてのコーヒーの味が忘れられず、家だけでなくキャンプなどのアウトドアでもコーヒー豆を挽いて本格的なコーヒーを味わいたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、アウトドア用にコーヒーミルを購入するのは、少しもったいないと考えている人におすすめなのが、アウトドアだけでなく家でも使えるコーヒーミルです。

では、アウトドアでも使えるコーヒーミルは、何を基準に選べば良いのでしょうか。

まず、コーヒーミルには、「手動式」と「電動式」の2タイプあり、それぞれにメリットとデメリットがあることを理解しておきましょう。

【手動式コーヒーミルのメリット】
・豆を手で挽くので、音や雰囲気、挽いている時間を楽しむことができる
・電源がいらないので、どこでも挽くことができる
・香りが良い
・サイズの種類も豊富
・オシャレなデザインのものが多い

【手動式コーヒーミルのデメリット】
・一度に挽ける豆の量が少ない
・手動式なので、時間がかかり疲れる
・挽いた粉にムラがある

【電動式コーヒーミルのメリット】
・一度にたくさんの豆を短時間で挽くことができる
・粉にムラが少ない
・スタイリッシュなデザインのものが多い

【電動式コーヒーミルのデメリット】
・電源が必要
・挽くときの音が大きい
・ミルのサイズが手動式よりも大きい

このように、手動式、電動式どちらのコーヒーミルもメリット・デメリットがあります。

また、アウトドアだけではありませんが、コーヒーミルは使用後の手入れを怠ると次に豆を挽いたときに雑味が出てしまうので、手入れがとても大切になります。

手動式は水洗いできないものもあるので、清掃ブラシでしっかり汚れを落とす必要があります。電動式は、本体がステンレスのものも多く比較的手入れも楽です。

他にも、セラミック製の刃はお手入れが簡単なので、アウトドアに適しています。

このようにアウトドアのコーヒーミルは、「容量や持ち運びやすさ」、「ハンドル、本体などがコンパクトに収納できるか」、「重さ」、「手入れのしやすさ」を含めて検討すると良いでしょう。

おすすめの手動式コーヒーミルは?

では、アウトドアでもおすすめの手動式コーヒーミルには、どのようなものがあるのでしょうか。

・ハリオ「コーヒーミル・ドーム MCD-2」
丸く温かみのある木製の筒状ボディが可愛らしいコーヒーミルは、中央部が細くなっているデザインなので、ハンドルを回すときもしっかりと支えやすい形になっています。

このコーヒーミルには、ドーム状のフタが付いているので、コーヒー豆のかけらが飛び散ることがなく場所を選ばす安心して使用できるでしょう。

また、臼式の刃は、セラミックを使用しているので摩擦熱を軽減し豆の酸化を予防してくれます。

・ハリオ「手挽きコーヒーミル セラミックスリム MSS-1TB」
ハンドルを取り外し本体にかけておけるので、荷物が多いアウトドアでも十分に活躍するデザインです。また、挽いた分量が一目でわかるように透明の本体下部部分にはメモリが付いています。

コーヒー器具総合メーカーのハリオらしく、衛生面や挽きカスが混入しないように洗浄しやすいセラミックの臼刃を採用しているので、挽くたびに新鮮な風味のコーヒーを味わえるだけでなくつまみで粉のサイズを調整することが可能です。

・MILLU「セラミックコーヒーミル KUROZOME」
セラミックの表面を酸化発色被膜加工しているボディは、黒色光沢でクールな重厚感があります。また、刃はセラミックを採用しているので、金属臭もなくコーヒー本来の味を損なうこともありません。

コーヒー粉の粗さは、調節ねじで簡単に調整することができるので、淹れ方によって使い分けることができます。

おすすめの電動コーヒーミルは?

続いておすすめの電動コーヒーミルを紹介します。

・ハリオ「電動ハンディーコーヒーグラインダー スマートG EMSG2B」
リチウムイオン蓄電池が搭載されているので、電源を気にすることなく素早く豆を挽くことができるコーヒーミルです。

硬めの浅煎り豆20gを約60秒で挽けるパワフルなモーターは、フル充電なら約25回使用できるので、大人数のキャンプでも問題ありません。

また、付属のハンドルを取り付ければ手挽きもできる2WAY仕様です。スリムなデザインは、持ち運ぶことが多いアウトドアにも最適です。

・メリタ「電動コーヒーミル ECG62-1B」
ホッパーに7人分の豆を入れることができるので、人数の多いキャンプにもピッタリの「電動コーヒーミル ECG62-1B」は、初心者でも簡単に操作できますが、ボタンを押す長さで挽き具合を調節するため、少しコツがいります。

また、コーヒー豆だけでなく、調理用のスパイスも粉にすることができるので、キャンプで人気のカレーも本格的な味に仕上げることができるでしょう。

・デバイスタル 「コーヒーグラインダー GA-1X」
熱の発生が少ないコニカル(円錐型)カッターの採用や用途に合わせて2段階の回転モードを選択できるので、香りを損なうことなく手挽きのようなコーヒーを味わえます。

また、スイッチを押し続けなくても挽き始めてから2分経過すると自動的にストップするオートストップ機能や5段階の挽き目ダイヤルがあるので、フレンチプレスからエスプレッソまでお好みの粗さで粉が挽けます。

高さが約23cmあるので、少し収納には工夫がいるかもしれません。

豆を挽くときは「中挽き」がポイント

コーヒー豆を挽くときは、淹れ方によって粉のサイズが異なりますが、一般的なペーパーフィルターとドリッパーを使用して淹れる場合は、グラニュー糖とザラメの中間位の粗さの「中挽き」がおすすめです。

また、キャンプで人気のパーコレーターを使用して淹れる場合は、ザラメ程度の「粗挽き」にして抽出時間を長めにすると良いでしょう。

リラックスして美味しいコーヒーを飲むためにはミルも大切!

挽きたてのコーヒーは、キャンプなどのアウトドアでしか体験できない素敵な時間や家でくつろぐときの最高のお供になります。

ゆっくりとした時間の中で、コーヒーミルのハンドルを回していると心がリラックスしてくるのがわかるでしょう。また、気の置けない仲間たちと楽しむコーヒータイムは、電動コーヒーミルを使えば楽に美味しいコーヒーを淹れることができます。

用途やライフスタイルに合わせて、自分にピッタリのコーヒーミルを探してみてはいかがでしょうか。