初夏に楽しみたい、新フレーバーのドリップコーヒー

新フレーバーが仲間入り

2021年5月12日、株式会社キャメル珈琲は自社が手掛けるカルディコーヒーファームにおいて、同月14日から新フレーバーのドリップコーヒーを2種類発売することを発表しました。

カルディコーヒーファームはコーヒーに強いこだわりがあることで知られています。

ここで販売されているコーヒーには、生産者やバイヤー、製造担当者、販売スタッフの思いや情熱が込められているのです。

フレーバーコーヒーが楽しい

そんなカルディコーヒーファームでは、コーヒー豆の販売も行っていますが、カップにセットして簡単にコーヒーを楽しむことができる1杯用ドリップコーヒーも販売しています。

定番商品として、甘みを加えると濃厚なミルクチョコレートのような味わいになる「チョコバニラフレーバー」、甘いバニラの香りが鼻をくすぐる「バニラマカダニアフレーバー」、華やかな香りが自慢の「ハニーキャラメルフレーバー」が発売されていますが、今回はそこに新フレーバーが仲間入りします。

仲間入りするのは「カフェカルディドリップ フレーバーコーヒー ハイビスカスフレーバー」と「カフェカルディドリップ フレーバーコーヒー ライチフレーバー」の2種類。

ブルンジ産コーヒー豆とパプアニューギニア産コーヒー豆をブレンドし、天然由来のフレーバーで香りをつけました。

南国感あふれるハイビスカス、ジューシーで華やかなライチ、どちらもストレートはもちろん、ミルクとも相性抜群です。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社キャメル珈琲 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp