「東京レモンチェ」が自宅で楽しめるスコーンセットを発売

プロジェクト第1弾商品

2021年5月17日、株式会社エーデルワイスは自社が展開するレモンスイーツ専門店「東京レモンチェ」において、新たなプロジェクトをスタートさせたことを発表しました。

この新プロジェクトは、自宅へ配達専用商品を開発するというもの。

プロジェクト第1弾として、「レモンと楽しむ ぼくのスコーン」を開発し、クラウドファウンディングサイト「Makuake」にて、5月17日から先行販売することになりました。

パサパサしない、リッチな食感

「レモンと楽しむ ぼくのスコーン」は4種類のスコーンが2個ずつと、レモンカードがセットになっています。

スコーンが苦手な人にその理由を尋ねると「パサパサしている」「口の中の水分がなくなる」という声をよく耳にします。

そこで、スコーンが苦手な人でも食べられるよう、表面はサックリして中はしっとりとした食感を目指しました。

そして、レモンのアイシングが可愛らしい「レモン・レモン」、レモンピールとアールグレイの香りが広がる「アールグレイ・レモン」、キャラメルとマカダミアナッツが香ばしい「キャラメルマカダミア・レモン」、濃厚なチョコの味わいがたまらない「ダブルショコラ・レモン」の4種類のスコーンが誕生。

国産バター、卵、レモンをたっぷり使ったレモンカードを合わせると、またひと味ちがった美味しさを楽しむことができます。

フルーツ系のスコーンはケニア産、ハイチ産、イエメン産のコーヒー豆と相性が良いと言われています。

スコーンに合う焙煎度合いを探してみるのも楽しいでしょう。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

株式会社エーデルワイス プレスリリース
https://www.edelweiss.co.jp/news/8665