「猿田彦珈琲」の店舗の味がそのままチルドコーヒーになってローソンに登場!

「猿田彦珈琲」がよりお求めやすくなってコンビニに

「猿田彦珈琲株式会社」は、これまで南関東のスーパーを中心に展開していた同社の「チルドコーヒー」の販売を、関東中心の一都四県(東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城の一部)のローソンとナチュラルローソンでも開始しました。

既存の2種に加え、新たなフレーバーも加わった!

今回のローソン・ナチュラルローソンには、既存の2種類「猿田彦珈琲 キリッとBLACK ブラックコーヒー(無糖)(238円)」・「「猿田彦珈琲 真心SWEET カフェラテ(加糖)(259円)」に加え、新たに「猿田彦珈琲 職人のカフェラテ(甘くない)(259円)」も仲間入りです。

これまでのフレーバーも、自社で調達した各国のコーヒー豆を深煎りでローストし、チルド技術に鮮度を保ったまま艶のある滑らかな口あたり・満足感のある重厚な質感の引き出しに成功。

そしてスペシャルティコーヒー専門店として培った知見を生かし、ミルクを最大限に引き立てる焙煎度合いやブレンド配合にも徹底したこだわり。ボトルだからと言って一切の妥協は許さない本格派で、お店の味が自宅で楽しめると大好評でした。

しかし今回はさらなる美味しさの追求を、社内バリスタや商品開発担当者が一丸となって行いました。ブラジルとエチオピアのコーヒー豆を独自に焙煎・ブレンドし、コーヒー×ミルクの絶妙な配合で立体感が生まれ、素材そのものの甘さを楽しめるようなカフェラテとなりました。

あわせて猿田彦珈琲のドリップバッグ「猿田彦クラシック(3P入り)(437円)」も販売中です。(※チルドコーヒー同様に、一部取り扱いがない店舗もあります。)

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

猿田彦珈琲
https://sarutahiko.co