お気に入りのキャンプマグカップでアウトドアコーヒーを楽しもう!

キャンプでコーヒーを飲むとき、紙コップを利用している人も多いのではないでしょうか。紙コップは使用後に捨てられるので便利ですが、せっかくキャンプに来ているのに気分が盛り上がらないかもしれません。

そこで、今回は、アウトドアシーンにピッタリのキャンプマグカップの選び方やおすすめの商品を紹介します。

キャンプマグカップの選び方

荷物を増やしたくないキャンプなどのアウトドアシーンでは、つい紙コップを使ってコーヒーを飲んでしまうこともあります。

しかし、寒い時期のキャンプで飲む温かいコーヒーの良さが半減してしまうほど保温性がないことやゴミを増やしてしまうなどのデメリットもあります。

キャンプなどのアウトドアシーンでは、マグカップを持参した方がコーヒータイムも楽しくなりますが、どんなものを選べば良いのでしょうか。

ここでは、キャンプマグカップの選び方を解説します。

素材で選ぶ

キャンプマグカップの素材で多いのが、ステンレスやチタン、ホーロー、プラスチックです。

ステンレス製
ステンレス製のカップは、丈夫で使いやすく、チタン製と比べて値段も安いので、キャンプマグカップデビューにおすすめです。

また、ステンレスは、保温・保冷性に優れているので、外で過ごすことが多いアウトドアシーンで常に最適な温度のドリンクを飲むことも可能です。

ステンレス製のカップは、耐久性や保温・保冷性に優れているだけでなく、汚れても重曹などで洗うと綺麗になる手軽さとスタイリッシュでおしゃれなデザインのものが多いので、自宅でも普通に使えます。

チタン製
とても軽く頑丈なチタンは、落としても簡単に壊れることもないので、アウトドアにもおすすめです。

また、熱伝導率が低いチタンは、飲み口やハンドル部分が熱くなりにくいので、熱い飲み物を入れても安心して飲むことができます。

また、直火に対応したタイプもあるので、焚き火で温かいスープを作ってすぐに飲める、冷めたコーヒーを直接温め直すことができるなどのメリットもあります。チタン製は、サビや汚れにも強く金属特有の匂いがしないのが特徴です。

ホーロー製
ホーロー製カップの一番の魅力は、おしゃれなデザインのものが多いということです。

また、ホーロー製のカップは、デザイン性だけでなく冷めにくく保温性に優れていることやサビや汚れに強いので、キャンプで使用するのもおすすめです。

ホーロー製品は、匂いがつきにくい、焦げや汚れが落としやすい、直火でも使えるなどのメリットもありますが、ガラス質なので、衝撃に弱く落としたりすると割れてしまうことがあります。

プラスチック製
プラスチック製のカップは、軽く、落としても割れてしまうことがないので、ファミリーで楽しむキャンプやバーベキューで大活躍します。

また、色やデザインが豊富でリーズナブルであることも嬉しいポイントですが、保温性が低く熱に弱い、匂いがついてしまうなどのデメリットがあります。

機能性で選ぶ

キャンプマグカップには、さまざまな機能がついているものがあるので、用途に合わせて選ぶのも良いでしょう。

二重構造
ステンレス製やチタン製のマグカップには、2枚の金属の間に空気の層がある二重構造のものがあります。二重構造のカップは、熱伝導率が低く保温・保冷性能が高いのが特徴です。

さらに真空二重構造のカップは、2枚の金属の間が真空状態なので、より保温・保冷の効果が高くなります。とても寒い環境でのキャンプを予定している場合は、二重構造のカップを選ぶと良いでしょう。

スタッキング
スタッキングとは、食器や家具を重ねて収納することをいいます。スタッキングできるカップを選べば、コンパクトに持ち運ぶことができるので便利です。

スタッキングには、サイズ違いのマグカップを一つにまとめて収納するスタッキングマグやカップの一部をスタッキングできるものなどさまざまなタイプがあるので、用途、使う人数などで選ぶと良いでしょう。

直火
直火にも使えるマグカップは、冷めてしまった飲み物を温め直すことができます。

また、大きめのマグカップを選べば、調理にも使えるので便利です。

ステンレスやチタン、ホーローなどの素材は、直火に使えるものがあるのでチェックしてみると良いでしょう。しかし、二重構造のカップを直火にかけると、中の空気が膨張して破裂することがあります。

フタ付き
フタ付きのマグカップであれば、ほこりなどのゴミがカップに入ることを防げるだけでなく、保温性を高めることもできます。

また、マグカップを倒したときに、中身がこぼれるのを防ぐことができるタイプのフタもあるので、キャンプなどのアウトドアシーンにおすすめです。カップによっては、フタだけ別に購入することもできます。

容量
キャンプマグカップのサイズは色々ありますが、一般的に300ml前後のものが飲み物を入れて使うのに最適なサイズです。

目安としては、料理にも使えるのは400ml以上、子供用には200ml前後の容量があるカップがおすすめです。

おすすめのキャンプマグカップ3選

では、どんなキャンプマグカップを選べば良いのでしょうか。ここでは、おすすめのキャンプマグカップを3つ紹介します。

スノーピーク ステンレス真空マグ
物作りで世界的に有名な新潟県三条市に本社があるアウトドア用品メーカーのスノーピークが作るステンレス真空マグは、シンプルなデザインでチタンと変わらないほどの軽さが特徴です。

真空二重構造なので、保温・保冷に優れているだけでなく、外側が熱くならないので安心して使えます。

またハンドル部分を折りたたむことができるので、コンパクトに収納することもできます。300ml、450mlのサイズがあります。

スタンレー クラシック真空キャンプマグ
470mlと少し大きめの真空キャンプマグです。真空ボトルをマグカップ型にしているので、冷たい飲み物は4.5時間、温かい飲み物で2.5時間ほど温度を維持することができます。

また、口径が広いので、飲み物や氷が入れやすい特徴があります。

しっかり密閉されるフタがついているので、バッグの中に入れてもこぼれにくいようになっています。アメリカの軍でも使用されているほど堅牢で無駄のないデザインと機能性が人気です。

ユニフレーム ウェーブダブルマグ
マグカップというよりタンブラーに近い形をしていますが、特徴のあるフォルムが可愛らしいと人気です。

また、握り部分が厚く安定感があることとスタッキングも可能なので、複数用意して友達と焚き火を囲みながらコーヒーやお酒を飲むのにピッタリです。

シンプルなデザインですが、二重構造になっているので保温性もあります。大人のキャンプというイメージのあるキャンプマグカップです。

今度のキャンプはお気に入りのマグカップを持って行こう!

キャンプマグカップには、アウトドアシーンでも快適に使えるような機能がついているものが多くあります。

そのため、キャンプでも美味しいコーヒーなどの飲み物を楽しみたいのであれば、キャンプマグカップを用意することがおすすめです。

性能だけでなく可愛らしく個性的なデザインのものもたくさんあるので、アウトドアでお供にしたいお気に入りのマグカップを探してみてはいかがでしょうか。